出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/nismo.html

今の愛車を高く買い取ってもらうこと!

下取りではなく、
しっかり高額査定をしてもらうこと
がなによりも大切です。

実際、
ディラーの下取りでは40万だったクルマ
買取業者で70万円になったなんて話は
よくあることなんです。

多くの業者にクルマをみてもらうことで
販売業者・買取業者同士で競い合い
あなたのクルマの買取価格が
ドンドン吊り上がっていきます。

 

1社ではなく
なるべく多くの業者にみてもらうのがコツです。

 

 

2018年上半期登録車販売台数1位を獲得した日産ノート

購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、新車を購入しても数年経てば他の車種や新しいモデルが気になり始めるもの

日本では「車検」「重量税」というシステムがあり、これを期に乗り換える人も多いですね。

そんな時、「今の車を下取りに・・・」と思ったときに、査定を出した時に少しでも多い金額の方が助かりますよね。

下取り査定に出した時、思っていた以上の値段がついて考えていたグレードよりも高いグレードを選択することも可能です。

本日は、どのグレードを選択すればリセールバリューが高くなるのかにスポットを当てます。

出典:http://www.ashinari.com/2012/02/14-357731.php?category=6

スポンサードリンク

 日産ノートのリセール比較。5年落ち・10年落ちの下取り価格を比較検証

出典:https://www.irasutoya.com

車の乗り換えを考えるタイミングは「5年」「10年」が最も多いでしょう。

5年は2度目の車検タイミング10年は一気に買取価格が下落する節目の年と言われているからです。

走行距離や保存状態によっても価格は変動しますが、現在下取りを出した場合にいくらになるかを日産下取り参考価格から検証します。

カッコ内が新車価格横の数字が下取り額です。

まずは5年落ちの平成25年車から

S(119.0万円)データなし

X(123.7万円)8.5〜18.5万円・・・最高額で約14%

X DIG-S(146.3万円)15.0〜26.0万円・・・最高額で約17%

X FOUR(144.0万円)27.5〜39.5万円・・・最高額で約27%

メダリスト(163.4万円)17.5〜28.5万円・・・最高額で約17%

 

そしてさらに5年後の10年落ちである平成15年車

各グレードデータなし

 

かろうじて平成23年の下取りデータは存在しましたが、それ以降のものは下取り価格のデータがありません。

やはり10年経つと車としての価値が一気に下がることは今も健在のようです。

さらに、現在は車としての性能も日に日に進化しています。

このことから、10年前の車はあまり下取り額がつかないと言えるようです。

5年落ちを見ると、最も下がり率が低いのは4WDであるFOURが強いこともわかります。

また、平成25年車はメダリストの4WDが発売されていません

Xとメダリストを比較すると3%ほど下取り額が高いため、グレードが高いほど価格の下がり率は低いと言えるでしょう。

そして、10年落ちの車ももちろんデータがないからと言っても下取りに出せないわけではありません

しかし、あまり高価格がつくことは期待できないことは事実です。

スポンサードリンク

ノートe-powerの5年後のリセールバリュー大胆予想!

 

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

中古市場において最も価格が下がるポイントがフルモデルチェンジです。

現在のモデルは2012年に発売しました。

普通に考えればそろそろモデルチェンジですが、e-powerモデルが出てからまだ2年しか経っていません

ここでは、フルモデルチェンジが行われないと仮定し、5年後にはいくらになっているかを予想します。

5年前には発売されていなかった日産ノートe-power

恐らく一番選択肢として多いであろうe-powerXで見ていきます

まず新車価格は181.4万円です。

2017年車のXの下取り額を見てみると、92.0〜115.0万円。

程度が良い場合で63%ほどですね。

ガソリン車のXを見てみると、新車価格138.5万円に対して55.0〜71.5万円で52%ほど

この比較から言っても、e-powerのほうが下取り額が下がりにくいということが言えます。

近年、エコな観点からハイブリッドカーや電気自動車も大人気です。

これは、購入価格が高くても燃費が良いほうを選ぶいう考えもありますね。

Xが23.4km/Lに対してe-powerXは34km/Lですので、中古市場も人気が出ることは間違いありません!

また、前に紹介した下取り額で最も高い率を出していたFOURの昨年車を見ると、新車価格158.5万円に対して54.5〜71.0万円

約45%です。

なんと、5年前の車種で考えると最もリセールバリューが高かったFOURも下取り額は2WDと同じなのです

これは、中古車市場で人気があった4WDに取って代わったのがe-powerだと言えますね

ここで予想を立てると、先ほど紹介した5年落ちの数値を思い出してください。

もし、4WDに取って代わったのがe-powerであるとするならば、5年後は27%と考えることができます。

つまり、新車価格181.4万円の27%は48.9万円と予想します

スポンサードリンク

リセールバリューから考えてノートを購入するならこのグレードが一番!

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/nismo.html

新車購入を考える時には、やはりデザインや性能を優先させたいところですね。

しかし、「そろそろ乗り換えようかな?」と思った時に下取り価格が高いほうが絶対にいい

ここでは、リセールバリューから考えてみます。

ここまで読んでいただいた人はお気づきの通りですが、普通のノートとe-powerノートであれば、絶対にe-powerのほうが高いということです。

5年落ちの下取り価格を調べた時には4WDが圧倒的に優位でした。

しかし、1年落ちの下取り価格を調べると駆動方式は一切考慮されません。

そして、先ほどのe-powerXが63%だったことを思い出してください。

グレードが高い方が下取り価格が高いと思われがちですが、実はノートはそんなことはありません。

最上級グレードであるe-powerメダリストを見ると、新車価格207.8万円に対して下取り価格100〜123.5万円

なんと60%と、Xより若干落ちるのです

中古市場も人気車種が高値で取引されます。

つまり、e-powerXが最も人気があると言えます

おすすめするのは「e-powerX」です!

しかし、気になる車種もあります。

それは「NISMO S」です。

5MTということもあり、あまり日常使いには向きませんが、このような特別仕様車の中でも特別な車種は5年後の下取り額も期待できます

理由としては、中古市場は需要と供給の上に成り立っています。

NISMO Sは215.6万円と、他のグレードと比べても買おうと思う人はそこまで多くはありません

その中で、5年後に下取りに出そうという人も少ないと言えます。

しかし、新車では手が出ないが中古なら!と考えている人もいます。

NISMO Sを買おうという人はそれなりに車が好きな人です。

多少高くても欲しい人なのです。

少々ギャンブル性が高くなりますが、NISMO Sもリセールバリューを考えると高額になる可能性はありますね

日産ノートのリセールバリューは他のクルマと比べると・・まとめ

もしかすると、5年後の下取り額を見た時にショックを受けた人もいるかもしれません。

しかし、俗に言われる根強いファンがいない車種としてはごく普通のリセールバリューとなります。

リセールバリューで高額なのは、クラウンやラウンドクルーザー。

最近はプリウスも出てきたようです。

また、状態にもよりますがジムニーや新車販売のないシルビア、RX-7、スカイラインプレミアがつくほどの価格になっています。

しかし、e-powerは日産が開発したとても高い技術です

それを搭載した車はノートとセレナのみ。

プリウスを考えると、ハイブリッドのパイオニアと言えたでしょう。

今ではほとんどの車にハイブリッドグレードが設置されていますが、そこまでメジャーにしたのはプリウスでした。

この例を考えると、ガソリンは発電のみで使用して動力源はモーターのみのe-powerのパイオニアとしてノートが台頭する可能性はあります。

中古市場で多くなるのは3年落ちと5年落ちです。

e-powerのノートが出てからまだ2年

まだ車検を考えて乗り換えた人はいないのです。

来年がいよいよ3年目

市場価格がどうなるか、楽しみにしたいところですね!

【日産ノート】の値引きから追加40万円安くする方法!少しの手間だけ・・

「新型ノート欲しい!でも高い・・」
「少し安くならないもん??」
「値引き交渉とか苦手」
「できるだけ一番お得に買いたい!」
「言いなりの値段で買うのが嫌」

 

こんな感じで日産ノートの値引き方法
どうすれば一番いいのか・・

と考えている方は
たくさんいらっしゃいます。

 

周りの方に体験談や相談しても
正確な答えは得られず

どうすれば
安く日産ノートを買うことができるのか

本気で考えている方にお伝えしたいことがあります。

裏技的な方法ですが・・

今の愛車を高く買い取ってもらうこと!

下取りではなく、
しっかり高額査定をしてもらうこと
がなによりも大切です。

実際、
ディラーの下取りでは40万だったクルマ
買取業者で70万円になったなんて話は
よくあることなんです。

多くの業者にクルマをみてもらうことで
販売業者・買取業者同士で競い合い
あなたのクルマの買取価格が
ドンドン吊り上がっていきます。

 

1社ではなく
なるべく多くの業者にみてもらうのがコツです。

スポンサードリンク
 




おすすめの記事